冬の時候のあいさつ(手紙、お礼状、ビジネス用)を紹介するサイトです。

冬の時候のあいさつ【2月の時候のあいさつ】エントリー一覧

冬の時候のあいさつ【2月の上旬(初旬)の時候のあいさつ文例文】
残寒厳しき折から、皆様いかがおしのぎですか。寒気厳しい中、庭のまんさくがかれんな花を咲かせております。春に入ったとはいえ、骨身にしみる寒さが続いております。余寒なお去らず、ひたすら春を待ちわびる今日この頃です。余寒なお厳しい今日この頃、体調などくずしてはおられませんか。
冬の時候のあいさつ【2月の中旬の時候のあいさつ文例文】
二月もなかばをすぎ、ようやく春の足音が近づいてまいりました。梅のつぼみもふくらみはじめ、春の到来が待ち遠しい今日この頃です。寒さの中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。梅のつぼみもほころび始め、春近しを感じられるようになってきました。しだいに頼もしさを増す日差しに春の訪れを感じております。
冬の時候のあいさつ【2月の下旬の時候のあいさつ文例文】
寒さはまだ盛りですが、そろそろ春のおしゃれが気になるころとなりました。寒さもさすがに和らぎ、どことなく春の気配が漂う今日このごろです。少しずつ高まる春の足音に耳をそばだてている毎日です。梅林のそぞろ歩きで梅のふくいくたる香りを楽しんでまいりました。銀色の産毛でおおわれた猫柳の枝が、川辺に春を招いています。